ミラジーノ専門のオンラインショップ がプレオープンしました! 詳細はこちらから

ミラジーノの燃料計が残り1目盛りになり、点滅を始めてから何キロ走れるのか?

ミラジーノの燃費検証 燃費

まいど!さくらワークス(@SWorks0303)です。どーも。

ミラジーノ専門の整備屋として、延べ1000台以上のジーノの販売・メンテナンス・カスタマイズに携わってきた経験を余すところなく公開し

ジーノユーザーさんやジーノの購入を検討されている方の、かゆいところへ手が届く。そんなお役立ち情報を発信しています。

どうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

燃費の向こう側 ~ジーノの燃費の限界を知る~

ガソリン代もバカにならない昨今。車選びの基準の一つに燃費ってございますよね。

『 燃費なんて気にしねー! 』

というジーノユーザー(ジーナー)さんの声も聞こえてきそうですが・・・

この記事では、みなさまもよくご存じな満タン法での燃費計算にとどまらず、少し角度を変えてジーノの燃費の限界の向こう側について調べてみました。

燃費の限界のを知ることで、土地勘のない旅先などでエンプティランプが点滅した時などの緊急事態でも平常心を保てますし

生死を分ける判断をしなければならないときの心の余裕が違うはずです。(大げさ)

そこまでではないにしても、今後楽しいジーノライフをお送りいただく一助になればと思います。

それでは、よろしくお願いします。

結果

いきなり結果です。

  • エンプティランプが点滅しだしてから、100km以上走行できる可能性がある

という結果がでました。

以下にデータや条件などを載せていますので、お時間がある時にぜひご一読ください。

カタログ値と実燃費

まずは、メーカーが発表している燃費を確認しましょう。

カタログ値

新車カタログに載っている燃費の数値です。

  • マニュアルミッションのジーノ(ベースグレード):23.0km/Ⅼ
  • AT・ターボ無しのジーノ、ミニライトSPともに:19.4km/Ⅼ
  • AT・ターボ付きのミニライトSP:18.8km/Ⅼ
  • 4WD・ターボ付きのミニライトSP:17.6km/Ⅼ

ジーノ販売当時の計測方法は【10・15モード】という方法で、実際の走行条件とかけ離れているということから

カタログ値は当てにならないと言われていました。

現在は【JC08モード】という、少しは実燃費に近い数字が計測できる方法に代わっています。
※上の数値は【10・15モード】の値です。

実燃費

カタログ値だと、流通量が一番多いATターボ無しジーノ(ミニライトSP含む)で19.4km/Ⅼ

ターボ付きになると少し燃費が落ちて18.8km/Ⅼということですが

実際ジーノを使用して実燃費を計測してみると、ターボ無しのジーノの場合、街乗りメインで13~16km/Lくらい走るかなと。

私が愛用している後期ミニライトSPターボの場合は、高速+街乗り(50:50)くらいで12~15km/Ⅼ

街乗りメインで使用すると10km/Ⅼくらいになるのではないでしょうか。

これを良いと感じるか、悪いと感じるかは人それぞれでしょうけども、まあこんなものかなという感じです。

ここまでは、普段から燃費を計算しているジーナーさんなら、誤差はあれどもご存じなことだと思いますが・・・

実験の目的

今回の実験は、通常の燃費測定の一歩先をいきます。

エンプティランプが点灯(点滅)してから50kmくらい走れると聞いたことがある方も多いと思います。

それは、高速道路上でガス欠しないように、給油のできるPA・SA間の距離を基準にメーカーが点灯タイミングを設定していると言われているからです。

そうは言っても、50km走行できるからといって、あえてギリギリまで給油をせずにドライブする人はいないと思います。

しかし、遠出するときなどにうっかり給油を忘れてしまい、近くにガソリンスタンドも見当たらない・・・

そんな状況に陥ることも想定できますよね。

そんな時に、実際エンプティランプが点滅してからどのくらい走行できるか知っているのと知らないのでは、ワキ汗の出方が変わってくるはずです。

という訳で
燃料計が残り1目盛りになり、点滅を始めてから何キロ走れるのか?

という実験を、ガス欠という最大のリスクを抱えながらチャレンジしてみました!


実験の前提条件

実験の前提条件です。

  • 季節は春、クーラーOFF
  • タイヤは夏タイヤ(165/55-14)
  • 後期モデルのデジタル燃料計とトリップメーターでモニター
  • 燃料計が点滅を始めたとほぼ同時にトリップメーターをリセットし計測開始
  • 下道15km+高速20kmの合計35kmを往復
    (アイドリングは信号待ち程度)

※助手席の方に撮影していただきました。

燃料計が点滅し始めたら、あとはガス欠を恐れず明日に向かって走り続けるのみです。

結果とまとめ

ガス欠するまで走り続ければ正確なデータが得られるのですが、いい年したおっさんがガス欠するのも恥ずかしいので

点滅してからの走行距離が70kmを超えた時点で、ガソリンスタンドにIN!
(まあまあ攻めたほうだと思います)

給油量は約36Ⅼでした。

ジーノ(2WD)のガソリンタンクは約40L入りますので、仮に燃費が15km/Ⅼだとすると、あと60kmガス欠せずに走行できたという計算になります。

40Lという数字はカタログ値ですので、実際使用できる燃料の量は38Lくらいが限界ではないでしょうか。(これは調べたわけではなく肌感覚です)


結果をまとめると

  • 理論上はエンプティランプが点滅しだしてから、約100km走行できる可能性がある
  • が、ガス欠するとめんどくさいし、恥ずかしいので50kmくらいで給油したほうが安心だし大人

以上になります。

この実験結果をふまえて、みなさまもギリギリドライブをお楽しみください。(ガス欠には十分ご注意してくださいね)

POINT

万が一、ガス欠したときはご契約の自動車保険のロードサービスをご利用ください。まれに、最近の自動車保険商品にはロードサービスが無料付帯していることをご存じでなく、レスキューのお電話をいただくことがあります。

ロードサービスを利用しても翌年の保険料は上がりませんし、そもそもご契約の商品に付帯しているサービスですので

ガス欠・パンク・バッテリー上がりなどトラブルが起きてしまったら、気兼ねなく利用しましょう。※ご契約保険の契約内容を十分ご確認ください。


それでは、楽しいジーノライフを!
ほなね~

一番安い自動車保険がわかる!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おしらせ
あなたのジーノの調子はいかがですか?

『ジーノユーザーのかゆい所へ手が届く』
そんな記事をアップしていきたいと日々試行錯誤中。

あんなことこんなこと、あなたのジーノの気になるところなどなど、お気軽にお問合せ・ご質問ください。

あなたの知っている、ジーノパーツの廃盤情報などもいただけるとたいへん助かります。

世界中にグッドコンディションのジーノが溢れますように!

燃費
スポンサーリンク
ジーノのトリセツ
タイトルとURLをコピーしました