ミラジーノ専門のオンラインショップ がプレオープンしました! 詳細はこちらから

純正ノーマルでもオシャレなジーノの内装をご紹介(LTDジーノ編)

リミテッドモデルのミラジーノの内装画像 内装

まいど!さくらワークス(@SWorks0303)です。どーも。

ミラジーノ専門の整備屋として、延べ1000台以上のジーノの販売・メンテナンス・カスタマイズに携わってきた経験を余すところなく公開し

ジーノユーザー(ジーナー)さんやジーノの購入を検討されている方の、かゆいところへ手が届く。そんなお役立ち情報を発信しています。

どうぞ、よろしくお願いします。

■■■ SNSコンテンツ一覧 ■■■

さくらワークス lit.link(リットリンク)

■■■ オンラインショップ ■■■

ミラジーノ専門のオンラインショップ さくらワークス (shop-pro.jp)



スポンサーリンク

ジーノの内装(リミテッドモデル・ジーノ編)

まずはリヤゲートを開けて後方から、全体が見渡せるよう引き気味の画像をご覧ください。

ベージュベースにブラウン系チェック柄のファブリックシートと、ライトウッド調メーター・オーディオパネルウッド&革巻きコンビステアリング

運転席と助手席にエアバッグを装備。ドア内張りはシートと同系色のベージュで、明るくかわいい印象ですね。


※オーディオとフロアマットはオプションパーツですので、年式による決まりはありません。

ステアリングとメーターパネル

メーターパネルとオーディオパネルは、ライトウッド調プリント。ライトウッド&ベージュ系の内装は全体的に明るく、ドライブが楽しくなりそうですね。

メーターは左から燃料計、速度計(スピードメーター)、水温計の3つが配置されています。ジーノにはタコメーターは付いていません。
※ここで言うジーノとはグレード名を指します。

パネルデザインは中期モデルやLTDミニライトSPと共通で、メーターパネルの下半分がLTDジーノでは中期ジーノと同じライトウッド調になっています。

初期ジーノとステアリング形状は共通ですが、ウッド部分の色味が初期ジーノと比べると明るいです。


あまり居てないですが、ミニライトSPの本革巻きステアリングに取替える場合は、ステアリング+エアバッグ一式で取替える必要があります。ステアリング、エアバッグそれぞれ単品での互換性はありません


ステアリングの革がめくれがちなので補修方法の記事もアップしています。

関連記事です。

チェック柄のファブリックシート

ブラウン系チェック柄をあしらったファブリックシート。シートを縁取っているパイピングは薄いブラウン。

ほぼほぼ同じデザインの中期ジーノとLTDジーノですが、中期は千鳥格子柄、LTDはチェック柄をあしらっています。こちら内装も、おしゃれ度高めで人気があります。

中期系ジーノの中では最後発で、キーレスが後期型と同じ電波タイプに変更されるなどのメリットも多く、なかなか人気がありますが流通量が少ないのが難点です。

L700系 ミラジーノ シートカバー 中期~後期モデル用(ブラック)SKR


最後にまとめ

LTDモデルのジーノの内装をまとめると

  • ベージュベースにブラウン系チェック柄のファブリックシート
  • ドア内張りはシートと同系色のベージュで明るくかわいい印象

  • ライトウッド調メーター・オーディオパネル
  • メーターは左から燃料計、速度計(スピードメーター)、水温計の3つ
  • ジーノにはタコメーターは付いていない
    ※ここで言うジーノとはグレード名を指します。
  • パネルデザインは中期モデルやLTDミニライトSPと共通

  • ウッド&革巻きコンビステアリング
  • 初期ジーノとステアリング形状は共通だが、ウッド部分の色味が初期ジーノと比べると明るい
  • ステアリングの革がめくれがち
  • ミニライトSPの本革巻きステアリングに取替える場合は、ステアリング+エアバッグ一式で取替える必要がある
    ステアリング、エアバッグそれぞれ単品での互換性はありません

  • キーレスエントリーが後期モデルと同じ電波式
  • 流通量が比較的少ない

以上になります。


年式、グレード別に内装紹介記事をアップしていますので、是非そちらもご覧ください。

それでは、楽しいジーノライフを!
ほなね~

L700系 ミラジーノ シートカバー 中期~後期モデル用(ブラック)SKR

レッツ!クラシックスタイル。ステアリング取替え。 | ジーノのトリセツ (sakura-works.org)


一番安い自動車保険がわかる!
タイトルとURLをコピーしました