ミラジーノ専門のオンラインショップ がプレオープンしました! 詳細はこちらから

L700初期型ミラジーノのハザードスイッチをダッシュパネルに移設する専用ハーネスキット

ミラジーノのハザードスイッチ オプションパーツ

まいど!さくらワークス(@SWorks0303)です。どーも。

ミラジーノ専門の整備屋として、延べ1000台以上のジーノの販売・メンテナンス・カスタマイズに携わってきた経験を余すところなく公開し

ジーノユーザー(ジーナー)さんやジーノの購入を検討されている方の、かゆいところへ手が届く。そんなお役立ち情報を発信しています。

どうぞ、よろしくお願いします。

■■■ SNSコンテンツ一覧 ■■■

さくらワークス lit.link(リットリンク)

■■■ オンラインショップ ■■■

ミラジーノ専門のオンラインショップ さくらワークス (shop-pro.jp)


スポンサーリンク

ハザードスイッチ移設キットを使用するメリット

初期ジーノのコラムに設置されているハザードスイッチ

現行車ですとハザードスイッチは、運転席から見て左側・ダッシュボードの操作しやすい位置に設置されていることがほとんどですが

昔の車は(操作方法は多少違ったりします)ステアリングコラム上部に、ハザードスイッチが設置されている事が多かったと思います。

L700ミラジーノも例に漏れず、初期モデルはハザードスイッチがステアリングコラム上部にあります

この場所にハザードスイッチがあることで、ステアリングを切りながらハザードを出したときに腕を巻き込まれてしまい、任意のタイミングでON/OFFしにくいというデメリットがありました。

初期モデルが生産された平成11年/1999年には、すでに 「 サンキューハザード」や「 アイシテルのサイン 」は存在しましたので、不便に感じている方も多かったのではと思います。

H12/10月以降の中期モデルからは、エアコン操作パネル付近にハザードスイッチが移設されましたので、腕巻き込まれ事案は発生しなくなりました。


  • ステアリングコラム上のハザードスイッチは操作しにくい
  • サンキューハザード、アイシテルのサイン発動時に腕巻き込まれリスクがある
  • H12/10以降の中期モデルからは、エアコンパネル付近に移設された


そこで、L700ミラジーノ初期モデルでも腕を巻き込まれることなく「 サンキューハザード 」や「 アイシテルのサイン 」をご利用いただけるように

ハザードスイッチをダッシュパネルに移設するキットを開発いたしました!


ハザードスイッチ移設キットとは

ハザードスイッチ移設キットとは、前出の通りL700ミラジーノ初期モデルのステアリングコラム上のハザードスイッチを、スマートにダッシュパネルに移設できる専用キットです。

商品内容は、ステアリングコラムのウインカーやハザードスイッチ回りの配線カプラーに割り込ませる弊社オリジナル専用ハーネスと、ダイハツ純正(他車種流用)のハザードスイッチ+ステアリングコラムのメクラ蓋のセットになります。

ハザードスイッチは、社外品などいくつかの商品を試しましたが、どうしても後付け感がぬぐえず最終的にダイハツ純正品を採用しました。

※この純正ハザードスイッチも廃盤になる可能性があります。予めご了承ください。

  • ハザードスイッチ移設キットを使うと、スマートにダッシュパネルにスイッチが移設できる
  • 専用ハーネスと、純正ハザードスイッチ+旧スイッチを取外した箇所のメクラ蓋のセット商品
  • 現在、採用している純正スイッチが廃盤になったらどうしよう



ハザードスイッチ移設キット(L700系前期ミラジーノ用) – ミラジーノ専門のオンラインショップ さくらワークス (shop-pro.jp)

ハザードスイッチ移設キットの取付け方法

ステアリングコラム回りを分解する

ステアリングコラムカバーは、下側からプラスねじ×5で固定されています。

詳しくは前職時代にわたしが書いた、下記URL「 さくら日記 」内の ハザードスイッチ移設キット 取付方法をご参照ください。

ハザード移設キット 取付方法 « さくらオートのブログ|ミラジーノ専門店 株式会社さくらオート (sakura-auto.jp)


当時メーターパネルを取外しての作業を推奨していますが、経年劣化でメーターパネルが破損しやすくなっていることを考えると、メーターパネルは取外さずステアリングコラムカバー(上側)を少し変形させつつ引抜く方法の方が、トータルで安全かなと思います

L700系ミラジーノのウッド調メーターパネルの取外し方を詳しく解説 | ジーノのトリセツ (sakura-works.org)


万が一、破損した場合もステアリングコラムカバーの方が、中古パーツの価格も安いですし流通量にも余裕がありそうです。



  • 取付け作業は、他社さんのHP参照w(過去の自分の記事だからセーフと思いたい)
  • 商品にも、簡単な取付け説明書が付属する
  • メーターパネルを破損するよりも、コラムカバーを破損した方が安くつきそう


配線カプラーを取外しキットを割り込ませる

ステアリングコラムカバーを取外しましたら、ウインカーレバー側とワイパーレバー側(各1か所)の配線カプラーを取外し、専用ハーネスを割り込ませます

たるんだ配線は邪魔にならないように純正配線に這わせるようにタイラップ(インシュロック)などで固定してください

ステアリングコラムカバー固定ねじのうち2本は配線付近を固定しますので、嚙み込んでしまわないよう注意が必要です。

万が一、配線をプラスねじで傷つけてしまうとショートして出火する可能性があります!


  • 配線取付け作業は、専用ハーネスを割り込ますだけで配線加工は不要
  • タイラップ(インシュロック)があると、スッキリまとめられる
  • ハーネスとプラスねじの噛み込みには、十分ご注意が必要


作動確認

専用ハーネスを割り込ませたら、ダッシュボードに切り込みを入れてスイッチを設置する前に、必ず作動確認をしましょう

点検方法は、専用ハーネスの10ピンカプラーに付属の純正ハザードスイッチを仮付けしスイッチを押し込んでください。正常なら左右ウインカーが同時に点滅します(普通のハザードの作動)

その他、ウインカー、ワイパー、ヘッドライト点灯・ロー/ハイビーム、パッシングなどレバー類の作動も確認しましょう

※不要になると思いますが、ステアリングコラム上の元々のハザードスイッチも使用できます。

  • 専用ハーネスを割り込ませたら、作動確認がマスト
  • 通常のハザード点滅の他に、スイッチ・レバー類の作動も要チェック!
  • 旧ハザードスイッチも併用可(ダブルハザードSW)
    ※ハザードハザードし過ぎ感あり


ハザードスイッチをダッシュボードに取付ける

付属の純正ハザードスイッチは、ダッシュパネルのオプションスイッチ設置場所にぴったりなサイズとなっています。

L700ミラジーノの場合、ステアリングを中心に左に2ヵ所、右に3ヵ所オプションスイッチを設置できます。

リアワイパー無しのジーノさんでしたら、リヤウインドウガラス熱線スイッチの隣(一番左)に移設すると使用しやすいです。

リヤワイパー付きは左側に空きがありませんので、上記画像の通り右から3番目に移設するのが良いと思います。フォグランプ付きの場合、一番右は使用済みです。

溝に沿ってダッシュパネルをカッターで切り取ります。この作業は特に注意が必要です

まず、切れるカッターをご使用ください。一直線にキレイに切り取らなくても後で取り付けるスイッチの方が一回り大きいので隠れます。

通常のカッターの使い方では無く、狙った箇所に刃先を当てて、押し込む(押し切る)という感じでしょうか。それを何回か繰り返して一周切り取ります。



キレイに切るというより、外側にハミ出さないように心がけましょう

取付け箇所を切り取ったら、ダッシュボード裏側から専用ハーネスを引っ張り出し配線カプラーとハザードスイッチをつなげ、ダッシュボードにスイッチをハメ込めば取付完了です。※ステアリングコラムカバーも取外しと逆の手順で組付けてください。

  • 設置個所は一番左か、右から3番目がよい
  • ダッシュボードのカットには切れるカッターを使う
  • 切るというより刃を押し込むようにすると失敗が少ない(切り口がギザギザでも隠れるので問題なし)
  • とにかく外側にハミ出さないように!
  • それ以前に自分をカットしないようにご注意!


バックライトを点灯させるには

ハザードスイッチにはバックライト機能があります

専用ハーネスの赤線と黒線がバックライト用の配線になります。赤線をスモールランプに連動する配線に割り込ませ、黒線をボディアースすると、ライト点灯と一緒にハザードスイッチのバックランプが光るようになります。

運転席足元キックパネル内の配線束の(赤/青)がスモールランプ線、ボディアースは画像の位置が作業しやすいです。

※年式、車体によって配線色が違う場合があります。検電テスターを使用するなどして、間違いがないか確認してから取付けてください。手順を踏まずに間違って結線してしまうと、ハザードスイッチ移設キットの破損や車体電気系統のトラブルの原因になる場合があります。ご注意ください。


  • ハザードスイッチはバックライトを点灯させることができる
  • 専用ハーネスの赤線をスモールランプ連動、黒線をボディアースする
  • 必ず検電テスターを使用して、配線に間違いがないか確認してから作業に取り掛かる


最後にまとめ

ハザードスイッチ移設キット取付けのまとめです。

  • ステアリングコラム上のハザードスイッチは操作しにくく、サンキューハザード、アイシテルのサイン発動時に腕巻き込まれリスクがある
  • 時代の流れか、H12/10以降の中期モデルからはエアコンパネル付近に移設された

  • ハザードスイッチ移設キットを使うと、スマートにダッシュパネルにスイッチが移設できる
  • ハーネスとプラスねじの噛み込みには、十分ご注意が必要
  • 専用ハーネスを割り込ませたら、作動確認がマスト
  • 通常のハザード点滅の他に、スイッチ・レバー類の作動も要チェック!

  • ダッシュボードのカットには切れるカッターを使う
  • まずは自分をカットしないようにご注意!

  • ハザードスイッチはバックライトを点灯させることができる
  • 必ず検電テスターを使用して、配線に間違いがないか確認してから作業に取り掛かる

以上になります。

初期モデルのL700ミラジーノをご愛用のジーナーさんは、このハザードスイッチ移設キットを使用してストレス無く 「 サンキューハザード」や「 アイシテルのサイン 」を 乱用してみてはいかがでしょう?

それでは、楽しいジーノライフを!
ほなね~。


ハザードスイッチ移設キット(L700系前期ミラジーノ用) – ミラジーノ専門のオンラインショップ さくらワークス (shop-pro.jp)

無料の自動車保険一括見積もりサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おしらせ
あなたのジーノの調子はいかがですか?

『ジーノユーザーのかゆい所へ手が届く』
そんな記事をアップしていきたいと日々試行錯誤中。

あんなことこんなこと、あなたのジーノの気になるところなどなど、お気軽にお問合せ・ご質問ください。

あなたの知っている、ジーノパーツの廃盤情報などもいただけるとたいへん助かります。

世界中にグッドコンディションのジーノが溢れますように!

オプションパーツハザードスイッチ移設キット
スポンサーリンク
ジーノのトリセツ
タイトルとURLをコピーしました