ミラジーノ専門のオンラインショップ がプレオープンしました! 詳細はこちらから

やってはいけない!?ボディコーティング【番外編】

ミラジーノのボディコーティング実験 gino ボディメンテナンス

まいど!さくらワークス(@SWorks0303)です。どーも。

ミラジーノ専門の整備屋として、延べ1000台以上のジーノの販売・メンテナンス・カスタマイズに携わってきた経験を余すところなく公開し

ジーノユーザーさんやジーノの購入を検討されている方の、かゆいところへ手が届く。そんなお役立ち情報を発信しています。

どうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

ガラスコーティングのタブーを検証する

近頃の車のボディコーティングといえば、ガラス系コーティング一択となると思いますが、施工の手間が昔ながらの樹脂ワックスの比ではなく、費用も決してお手軽とは言えませんよね。

そこで、作業工賃だけでも節約できればと、DIYでコーティング施工を試みる方も多いのではないでしょうか?

分かります、そのお気持ち。。。

もちろん、作業自体が楽しいという側面もあると思いますが、費用が節約できれば言うことはありませんよね。

だとすると、なんとしても失敗だけは避けたい・・・

『 初めからプロに依頼しておけばよかった 』 なんて、口が裂けても言えませんし。。。

というわけで、今回はボディガラスコーティングで失敗しやすい、施工時・施工後の注意点や効果についての実証実験していきたいと思います。

人のフリ見て我がフリ直せじゃないですけど、DIYでのボディコーティングを検討しているジーノオーナーさんの参考になれば幸いです。

それでは、よろしくお願いします。

関連記事です。

実験その1 拭き残してはいけない

『 拭き残すと大変なことになる 』

と言われてますが、どのくらい大変なことになるの? という実験をしました。

条件

拭き忘れ・拭き残しを再現するために、屋内にてボンネットの一部にG’ZOXリアルガラスコート(ツヤプラス)を塗り一晩放置する。


結果

拭き残したコーティング剤が白く硬化してしまい、タオルで拭いてもまったく変化しないくらいカチカチになる。

このような状態になってしまったら溶剤で溶かして拭きとるか、コンパウンドで磨き落とすかするしかないでしょう。

というわけで、拭き残しは厳禁! あとで痛い目にあいますよ。

実験その2 濡らしてはいけない

『 施工後、24時間は濡らしてはいけない 』

と言われてますが、濡れてしまったらどうなるの? という実験をしました。

条件

フロントフェンダー単体の半分にG’ZOXリアルガラスコート(ツヤプラス)を施工。乾燥を待たずに雨の中、小一時間放置する。


左:コーティング施工済み 右:未施工

小雨の中では、施工面と未施工面の差ははっきりしません。

ミラジーノのボディコーティング実験

15分ほど放置してから水道ホースで水を掛けてみると、未施工面はまったく撥水しませんが施工面は少し撥水しています。

ただし、しっかり乾燥させて硬化したコーティングの撥水の玉のような水弾きには程遠いです。

約1時間後。

区切っていたマスキングテープを剥がして水を掛けてみると、どちらが施工面か分からなくなりました。

結果

コーティング剤が硬化する前に雨などで濡れてしまうと、成分が水に溶けだして、まるでコーティング剤なんて塗ってなかったかのようになる。

硬化前に濡れてしまうと苦労して施工したコーティングが水の泡(水濡れだけに)

というわけで、施工直後の水濡れ厳禁 再施工する羽目になります。

実験その3 ツヤはプラスされるのか

ツヤプラスと謳っているいる商品なので、本当にツヤが出る(プラスされる)のか、その効果を確かめる実験をしました。

条件

リペイントが必要なくらいカッスカスなルーフパネルの一部に、G’ZOXリアルガラスコート(ツヤプラス)を施工。


少し極端なくらいカッスカスのルーフパネルに手順通りに施工&拭き取り。この状態からテッカテカになったら、うれしすぎますよね。


結果

なんとなくツヤプラス・・・。やる前から無理があるのは分かってましたけども、何でもかんでもツヤが出るわけではない(少しはツヤが出る)

というわけで、ツヤプラスにも限界がある! あたりまえですね。

実験その4 ボディパネル以外に塗っても大丈夫か

ボディパネル以外にも問題なく施工出来たら、撥水も期待できますし、あわよくばツヤもプラスされれば・・・ なんて、考えちゃいますよね。

分かります、そのお気持ち。。。

条件

ボディパネル以外のヘッドライト、メッキパーツなどにG’ZOXリアルガラスコート(ツヤプラス)を施工。その後、施工面にどんな影響があるか確かめる


結果
  • ドアバイザー:OK
  • 樹脂製ヘッドライトレンズ:OK
  • メッキパーツ:OK
  • もちろんガラス製品も:OK
  • ワイパー回りなどの樹脂パーツ:OK


特筆するのは黒の樹脂パーツ。めちゃめちゃツヤプラスします!

というわけで、ジーノの外装なら、どの部分に施工しても悪影響はなさそう

ただし、樹脂パーツやゴムパーツはコーティング剤が染み込み、ムラになりやすいので乾く前に拭きとった方が良さそうです。

まとめ

ボディガラスコーティングのタブーを検証するについてまとめると

  • 拭き残しは厳禁!
  • 施工直後の水濡れ厳禁!
  • ツヤプラスと謳っているあってツヤは出るが、もちろん限界がある!
  • ジーノの外装なら、素材に関わらず施工可能でツヤも出る!

以上になります。

それでは、楽しいジーノライフを!
ほなね~

タイトルとURLをコピーしました